「はぁ……みんな元気だな」

学園へ向かう通学路を歩いて行く学生を見ながら、ため息をこぼす毎日だった。

きっかけは一輪の花
なんてことはない花だったが、なぜか気になり、使い古しの肥料と水をあげることにした。

「そんなやり方では、花が枯れてしまいますよ?」

ふいに、後ろから声がかかる。

振り向くと、そこには一人の女の子が立っていた。

「キミは……」

前々から、時々見かけていた美少女だ。

可愛らしい外見と、涼やかな瞳。穏やかな眼差し。柔らかな物腰。

どれも俺を惹きつけてやまない。ずっと気になっていた。

まさか相手から声をかけてきてくれるとは……。

俺は笑いを隠しきれず、手で口元を覆う。これは、チャンスだ。

「申し訳ない。花の手入れというのが、よく分からなくてね。家にある植木の手入れのやり方も分からないんだ」

「よかったら、教えてくれないかい?」

「そうですね……」

女の子は、一瞬迷った素振りを見せる。だがすぐに、こちらをやや警戒しつつも、微かな笑顔を作る。

「お花を好きな人に、悪い人はいません。分かりました、お手伝いさせていただきます」

「ありがとう、助かるよ」

まさか乗ってくるとは! 俺は思わず、心の中で歓喜してしまう。

女の子を促して、家に上げる。これは千載一遇のチャンスだ。

俺はそっと女の子の後ろに回ると、隙を突いて押し倒す。

「きゃっ! な、何をするんですか!?」

戸惑い、悲鳴を上げる姿を無視して、女の子の両手を後ろ手に縛り上げる。

次に素早く紐を取り出すと、足首同士を紐で結ぶ。これで、彼女の自由はなくなった。

アドベンチャー風ショートノベル

ゲーム画面サイズに1024×768を採用。

一部えっちシーンでは、ゲーム画面と同じ1024x768のサイズで制作されたAfterEffectsの30fpsによる、アニメーションで臨場感を演出!

またエッチシーンを含め、ヒロインが喋る音声付き。  
サンプル1
サンプル1
サンプル2
サンプル3

※クリックすると大きなサイズで確認する事が出来ます。
年齢指定:成年向け
作品形式:ショートノベル

■必須動作環境
CPU PentiumIII 1GzHz以上
メモリ 256 MB以上
HDD 600MB以上
VIDEO 1024*768
DirectX 8以上
対応OS: Windows2000 / XP / Vista / 7
■スタッフ
原画:環 かおる

キャラクターボイス
 ヒロイン:安西サリ
子供A:弍織恋

シナリオ:スクワット@

制作協力:HARE
inserted by FC2 system